特許事務員ブログ 「出願の誉れ」
とある特許事務員の生態記録。時々、備忘録。時々、伝言板。
プロフィール

特許婆(とっきょばぁ)

Author:特許婆(とっきょばぁ)
期間限定のお手伝いを含め、特許事務所6軒でお世話になりました。
定年も特許事務所で迎えられるか?!
特許事務所で働くことに拘る52歳の現役特許事務員でございます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

特許事務員語録
新シリーズ(?)始めました。


なんとも感慨深い言葉に触れたので、
掲載させていただきます。


>弁理士さんとの距離が近い雰囲気が、
>楽しく働ける仕事だな~って思います。



そうですね、同感です!
自分がなぜ特許事務が好きなのか考えてみたときに
これまでは

もともと漢字や日本語が好きで、文章を読むのが好き
新しいこと(発明)に触れられるのが楽しい
お客さんが喜ぶから嬉しい

といった理由が浮かんで来ていましたが、
なるほど、仰る通りです。


人それぞれだとは思いますが、

どんな人が書いたかもわからない明細書を読んでも
どんな気持ちで書いたかもわからない意見書を読んでも
もしかしたら楽しくないのかもしれません。

お客さんの顔も浮かばず、
担当弁理士さんの気持ちも知らず、
書類の誤字脱字を追っていても婆は楽しめないかもしれません。


「このお客さん、この発明を形にしてこうしたいみたいなんだよね。」

「ここをこうして特許をとってあげたいんだよね。」

弁理士さんの書類に対するこうした意向を知った上で
お客さんにとって最善の書類を作るために一緒に頑張れるところが
特許事務の面白いところだと感じます。

職場の仲間とコミュニケーションをとって、
より良い出願をしたいものです。(^^)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する