FC2ブログ
特許事務員ブログ    「出願の誉れ」
とある特許事務員の生態記録。             時々、備忘録。時々、伝言板。
プロフィール

特許婆(とっきょばぁ)

Author:特許婆(とっきょばぁ)
28歳から入った特許業界。フリーの特許事務員として2018/9/13開業しました。特許事務はいかに多くの種類の事案を経験したかが要なので、守りに入らず新たな事案に果敢に挑戦していきたいと思います!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ジャズとらも
Kayoというピアニストの
「Manhattan Sunset」というアルバムを聴きながら、
アル中で躁鬱病だった作家中島らものことを思い出している。

Kayoのアルバムには荒城の月をアレンジした「Kojyo no Tsuki」というのがあって
(タイトルはそのまんまで何のひねりも加えていないのだが)これがまた洒落ている。

このアルバムはY子ちゃんのオススメであり、
何年か前に生ライブにも行った。
とてもとても良かった。

婆より年上の女性だけれど、
輝いているところが素晴らしく良かった。

そして中島らも。

これは話の流れでひょいと出てきたわけだが、
K弁理士が「心が雨漏りする日には」を読んだらしい。

躁鬱病のらもさんのエピソード満載の作品だ。

心はもともと雨漏りするもので、
いつもは雨漏りしないけれど、
どうしても雨漏りしてしまう日もあって、
だけどそれは仕方のないこと、
だって心はそんなに頑丈じゃないもの。

ちなみに作品中の表現は全く違う。
が、らもさんは素直な天才だった。

ジャズとらも。

何だこの大人な夜は。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する