プロフィール

特許婆(とっきょばぁ)

Author:特許婆(とっきょばぁ)
期間限定のお手伝いを含め、特許事務所6軒でお世話になりました。
定年も特許事務所で迎えられるか?!
特許事務所で働くことに拘る53歳の現役特許事務員でございます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:四方山話
「もう、いいんじゃないか」

と思いましたが、2017年もとりあえず作成することに。
この「とりあえず」がいつまで続くかは不明。

そろそろ同年代のお友達からも
メールでの年頭の挨拶が増えてきました。

皆さんアドレスをお持ちだと思うのですが、
アドレスを教えてもらっていない方もいらっしゃるので
(親戚の80歳近いおじさんやおばさん達など)
まだ廃止することはできないなー
と思うのです。

おじーのイタリアの写真で作ってみるとしますかね。

日本郵便も年賀状が廃れると売り上げが相当落ちますよね。
40年前は5人家族だとしたら、一軒に年賀状が500枚くらいきていました。

内訳は
おじー宛に300枚くらい(友達はいないので全て仕事関係。笑。)
子どもたちに各50〜70枚(クラスの人数+α)
おばーには10枚くらい(「主婦って可哀想」と子ども心に思いました。)

昔ははがきの切手代って1枚いくらでしたっけ?
20円とか30円でしたよね?

それでも結構な売り上げになっていたと思います。
作るのは大変ですが、完全になくなってしまうのも惜しい気がします。


<おまけ>
そのくせ、
お年玉の風習は需要があるのでこの先も廃止されることはなさそうな・・・



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 特許事務員ブログ    「出願の誉れ」 all rights reserved.Powered by FC2ブログ