FC2ブログ
特許事務員ブログ「出願の誉れ」
とある特許事務員の生態記録。時々、備忘録。時々、伝言板。
プロフィール

特許婆(とっきょばぁ)

Author:特許婆(とっきょばぁ)
28歳から入った特許業界。フリーの特許事務員として2018/9/13開業しました。特許事務はいかに多くの種類の事案を経験したかが要なので、守りに入らず新たな事案に果敢に挑戦していきたいと思います!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

田舎の駅

都会の生活に慣れきってしまって
娘時代の「当たり前」を忘れていました。

田舎の駅では、
駅員さんは乗客の顔を覚えています。

昔は定期券を駅員さんに見せていましたから、
通勤通学で毎日同じ電車に乗ると、
下手したら名前まで覚えられていました。

1日に数百人しか利用しないですし、
1時間に1本ですから、
いやでも覚えてしまいます。

1時間前に駅に着いて
名医の治療を受けて
1時間後にまた駅に戻り、

一体、何分発の電車なのだと
すっかすかの時刻表(笑)を見上げていると、

「橋渡って3番線、40分発です。」

と駅員さん。

ほー。
さすがでございます。
行き先(来た方向)まで覚えています。

田舎では
「個人情報」なんて熟語は存在しないようです。



スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する