FC2ブログ
特許事務員ブログ    「出願の誉れ」
とある特許事務員の生態記録。             時々、備忘録。時々、伝言板。
プロフィール

特許婆(とっきょばぁ)

Author:特許婆(とっきょばぁ)
28歳から入った特許業界。6軒目の特許事務所にお世話になりながら、フリーの特許事務員として2018/9/13開業しました。
無謀。(笑)
でもなんだか楽しいです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

名義変更で委任状が不要なケース
名義変更と言えば
必要な書類は
譲渡証書、同意書、委任状が定番。

今日はレアケースのお話。
委任状が不要な名義変更というと
どんなケースが思い浮かびますか。

1 AとBが出願人でいずれか一方が放棄
2 AとBが出願人で、Bの持ち分を全部Aに譲渡
3 出願人手続き
4 出願人AB以外の承継人Cが手続き

問題は3と4でしょうか。
特に4でしょう。

出願人様のご意向で
名義変更手続き自体に代理人を立てないケース。
代理人手数料を節約するとか、社内方針とか色々ございます。

それはそれで全然構いませんが
名義変更後の手続きの代理をどうなさるのか確認が必要です。

その先もご自身で手続き、または、
別の代理人を立てるのであれば委任状の取り寄せは不要です。

しかしCがAやBの関連会社である場合、
名義変更手続きだけをご自身でなさって、
その先はこれまで通りの代理人手続きを
なさるおつもりというケースが多いです。
(「おつもり」だけで、特に連絡を頂けないこともあります。)

この場合、委任状が必要になります。

ご注意を。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する