FC2ブログ

プロフィール

特許婆(とっきょばぁ)

Author:特許婆(とっきょばぁ)
28歳から入った特許業界。フリーの特許事務員として2018/9/13開業しました。特許事務はいかに多くの種類の事案を経験したかが要なので、守りに入らず新たな事案に果敢に挑戦していきたいと思います!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:四方山話
早いですねぇ。

もう11月。
もうすぐ12月。
年末ですよ、年末。

早いわー。

年賀状、来年はどうしましょ。

作るのは良いけれど
最近ではむしろ
送られた方が困るのではないかと
(「もう年賀状やめたいのに・・・」とお思いになるのではないかと)
思ってしまいますねー

かといって
年賀状に「返信不要」って書くのも
おかしな感じですし、

年賀ハガキが往復ハガキになっていて
「切り取ってそのまま投函してください」
もおかしいですし。

いっそ年賀状をやめて、
来年からメールかLINEにしましょうかしら。

そろそろ来始めた年賀欠礼のお葉書(いわゆる喪中はがき)みたいに

我が家は年賀状を廃止いたしました。
年頭のご挨拶はメールおよびLINEにて失礼いたします。

なーんてのを出すのもちょっと面白いけれど
年賀欠礼のハガキ出すなら年賀状だしなさいよ
ってなもんですものねぇ。(笑)

さーて、どうしましょ。







スポンサーサイト
コメント

高齢の親戚から、今後は賀状のやりとりは遠慮します。というような文面が書き添えられた年賀状が届いたことがあります。翌年からはその親戚の方とは年賀状のやり取りはなくなりました。

なーるーほーどー

特許事務員さま

ご高齢の方からであれば
「そっか、もう年賀状などもたいへんなのね」
と納得できそうですね。

年賀状を廃止する時って、みなさんどうしていらっしゃるのでしょうか。
自分が勝手に辞めるのはよいとしても、その年に「下さる方」はいらっしゃるでしょうから、
そういう方にはお年賀状で返すのが礼儀かな、とも思ったりして・・・そうすると、また翌年も下さるのではないかと。(笑)





年賀状をくださった方に寒中見舞いで年賀状をやめたことをお伝えする、というのがすんなりと廃止できそうに思います。年賀状に書くとスルーされそうですし。
この手のあいさつ文はググるとたくさん出てきます(笑)

そうなのですね~

特許事務員さま

そうですか、寒中見舞い作戦ですか!
たしかに年賀状に書くとスルーされる可能性は非常に高そうですね。

早速、ググってみました。(笑)
「本年をもちまして、どなた様にも年始の挨拶を控えさせていただくことと・・・」
みたいな感じなのですね。

平成の終わりとともに、店じまいとかする店主も多いみたいですから
来年は年賀状廃止組も増えそうですねー


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2019 特許事務員ブログ    「出願の誉れ」 all rights reserved.Powered by FC2ブログ