FC2ブログ

プロフィール

特許婆(とっきょばぁ)

Author:特許婆(とっきょばぁ)
28歳から入った特許業界。フリーの特許事務員として2018/9/13開業しました。特許事務はいかに多くの種類の事案を経験したかが要なので、守りに入らず新たな事案に果敢に挑戦していきたいと思います!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:四方山話
「はれのひ」との関係はわかっていないようですが、
メルカリ等に大量の振袖が出品されているそうですね。


成人式の時のニュースでは、

①予約金を支払っているのに当日振袖が着られなかった

という人だけでなく、

②自分の振袖を預けていて、着付けの予約をしていたのに
振袖が着られないどころか着物も消えてしまった

という人や、

③卒業式の着付け分も支払っていた

という人もいらっしゃいました。

②の方は、メルカリ等をよくご覧になって、
ご自分の大事な振袖がないか確認なさってはいかがでしょうか。

購入した際の写真など、
証拠があればもしかしたら手元に戻ってくるのではないでしょうか。

お母さまから譲り受けた着物など
お金の問題ではなく、手放したくない着物ってありますよね。

お手元に戻ることをお祈りしております。
スポンサーサイト
コメント

こんばんは。
酷い事件ですよね。
こんなことがあるんだとニュースを見て憤りを感じました。
と、同時に来年成人式を迎える娘の振袖を昨年6月に契約した会社は大丈夫だろうか…と不安になりました。
被害者対象に成人式のやり直しを検討してくれているそうですが、どんな感じのやり直しか存じませんが、晴れ着姿で同窓生皆んなに会えてキャーキャー言いながら懐かしむのが目的の一つでもあり、被害者の皆さんだけで在住の地域の市長さんの話を聞いてもなー、楽しいかなー、切ないなーと親も思ってしまいます。
高校卒業の頃からどこで調べたのか、たくさんの業者からダイレクトメールが届き、価格はどこも大差無く、着付けしてもらえる場所などでなんとなーく展示会に行き決めちゃったのですが、もっと会社の信頼性とか考えて契約しなきゃいけなかったのでしょうか(>_<)
こんなニュースを見た後では私はただただ契約した会社がトンズラしないことを願うばかりです。
娘はお母さんの古ぼったい振袖でもいいから、実家から持って来ておいて、なおかつ着付けを出来るようにしておいて!と。
おいおいっ!って感じです(>_<)

同感、同感。

れいちゃん

コメントありがとうございます。

本当に酷い事件でございます。
でもどこかの支店はちゃんと営業したようですね。
振袖を着られないお嬢さんたちの気持ちを考えて
矢面に立つことは覚悟して、無給でも人として責任を全うしたのでしょう。
その支店の皆さんは偉いと思います。

で、れいちゃんのところのお嬢様ももう来年成人なのですね。
早いですね〜
契約した会社のことは、せめてもぬけの殻にならないように、
時々覗きに行ってみてはいかがでしょうか。(笑)

お嬢さんのように、もしものことを考えて
予備の着物と着付けのできる人の確保が流行るかもしれませんねぇ。
着付けでも習おうかしら・・・(←さっそく商売にしようとしている。)




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2019 特許事務員ブログ    「出願の誉れ」 all rights reserved.Powered by FC2ブログ