FC2ブログ

プロフィール

特許婆(とっきょばぁ)

Author:特許婆(とっきょばぁ)
28歳から入った特許業界。フリーの特許事務員として2018/9/13開業しました。特許事務はいかに多くの種類の事案を経験したかが要なので、守りに入らず新たな事案に果敢に挑戦していきたいと思います!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:四方山話
靴が合わない。
だからと言ってオーダーメイドは高すぎる。

そんな時に「キビラ」という
格安オーダーメイドの靴屋さんを見つけました。

シューフィッターさんに
3Dの計測器で足を測ってもらい、
自分にあった靴を見つけられるというわけです。

お店は賑わっていました。

皆、口々に「わーぴったりー♡」と喜びの声をあげ
お気に入りの一足に巡り会えたことを喜んでいました。

あぁ、婆もやっとぴったりの靴を履ける!

いよいよ計測。
長さは23センチだと思っていたけれど
左が22.5で右が22.4センチ。

甲の高さは高いと思っていたけれど、
両方とも標準より若干低いくらい。

足裏の幅は左が2E、右が3E。
さらに外反母趾気味なのでプラス各1E。
よって左3E、右4E。

そんな足あります〜?!

どーりでどの靴も合わないわけだ。

しかし意外なことに
靴をオーダーする方のほとんどが
婆のような悩みではなく、
足幅が細すぎて靴がすぽすぽ脱げてしまう
という悩みをお持ちの方らしいです。

何とかぴったりの靴を作って帰ってきましたが、
仕上がりは3週間後。

ちょっと我慢ですね。
うーん楽しみ。







スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:漢字・ことば
特に遊びに行ったり、
食事に行ったりすることもなく、
顔は知っているのでたまに会ったときに

「よっ!」

と会釈する程度の間柄のひと。

のことだそうですねぇ。
中には名前が分からないレベルのひともいるらしいですが、

これはそもそも「友」なのか
という疑問が湧いてきますねぇ。(笑)

単なる「顔見知り」とは違うのでしょうか。

よく見かける等、顔は知っているけれど
はなしたことはなく、名前も知らない人。

友達の友達の友達くらいで、
面識はあるものの殆ど話したことはなく、
名前くらいしか知らないひと。

「まともに話したことがない」
というのが「よっ友」の大きな条件でしょうか。

若い衆の考え出す言葉は面白いですねぇ。


DATE: CATEGORY:四方山話

こういう晴れた日に
好きな人と手を繋いでコンビニへ。


いいですね〜♡


見ていて微笑ましいです。
こっちまで幸せになっちゃいますねぇ。

日常とは
実は極上なのかもしれませんね。

DATE: CATEGORY:特許事務
本当のところは分かりません。

弁理士の先生方の中には
「弁護士にはなれないけれど
弁理士なら勉強すればなれると思ったからなった」
なーんて言う方がいらっしゃいます。

確かに弁護士になるのは大変だと思いますが、
弁理士になるのもそれはそれは大変だと思います。
少なくとも婆にはできません。

婆は
弁護士と弁理士は役割が全然違って、
弁護士が上で弁理士が下だとは思っておりません。

弁護士はあらゆる法律を学んで
法律でしか解決できない「争いごと」を解決するための仕事をする人で、

弁理士は知財の法律を学んで
「産業の発達に寄与することを目的として、発明を権利化する」ためのお手伝いをする人だと思います。

以前も書きましたが、
弁護士のところには「争いごと」を抱えたお客様しかいらっしゃいませんが
弁理士のところには「発明を形にする希望」を持ったお客様がいらっしゃいます。
(もちろん、争いごともありますけれど、それを未然に防ぐお手伝いもできます。)

婆が特許事務員だからかもしれませんが、
弁理士さんの方が素敵な仕事だと感じています。
(法律事務員の方、ごめんなさい。)

確かに弁護士・弁理士は知財の争いごとになった時には強いかもしれませんけれど、
特許事務所では係争事件よりも出願の方が断然数は多いですし、
出願の時に手を尽くせば後に攻撃の対象となることも防げる場合が多いのですから
弁理士さんは弁護士さんとは全く違うスタンスでお仕事をすれば良いと思います。

弁理士の資格、弁理士の知識だけで
お客様に喜んでもらえる仕事はいくらでもできます。

婆はそういう弁理士さんのお手伝いをするのが好きで
10何年も特許事務員をしております。
大袈裟ですが
この道に、人のそしりを受けるようなことはないと信じております。

弁理士万歳。
特許事務員万歳。


<おまけ>
とはいえ、弁護士先生のお知恵を拝借しなければ解決できない事件もあります。
そんな時は「すみませーん、助けてくださーい♡」と弁護士さんの懐に飛び込んで、
必要な知識をお借りすればこれほど効率的なことはないと思います。(^^)v




DATE: CATEGORY:家族・友人
シフト勤務のラクロスは
ゴールデンウィークといえども2日以上の連休はありません。

休み・休み・出勤・休み・休み・出勤・休み・休み・出勤

こんな感じのようです。
こんなのゴールデンウィークじゃない・・・と婆は思いますが
本人は、

「俺8日間で6日も休みがあるんだよ!」

と嬉しそうです。
朝三暮四の猿を思い出します。

飛び飛びで2日の休みでは遠出もできないので
可哀想ですから、ちょっと特別な朝ごはんを用意しました。


ゴールデンウィーク感を出すために
ベランダでブランチを!


メニューは、
セブンイレブンでもらった生ハム
ラクロスの好物のトマト
生野菜サラダ
出来合いのポテトサラダ
成城石井のバタークロワッサン
ヨーグルト

ほーれ、いい感じであろうが。
クロワッサンを焼いただけで、なーんも調理しておらんけれど。(笑)

そのままベランダで日焼けをすべく寝転がっているラクロスです。


<おまけ>
ちなみに、我が家は都会の狭小住宅ですので、
ベランダからの眺望は一切ございませーん。(><)



DATE: CATEGORY:四方山話
昨日の夜更かしで今朝は二度寝しました。

ゆっくり起きようと目覚ましをかけずに就寝しましたが
いつもの時間に目が覚めてしまうという健康体です。

しかし流石に二度寝ができました。

ちゃんと起きたのは9時少し前。
洗濯をして朝ごはんを食べて
ボサボサのパーマヘアをなんとか落ち着かせました。

今日の予定は銀座SIXとマッサージのみ。
のんびりとした休日になりそうです。

20日がオープンでしたからまだまだ混んでいるでしょうね。

銀座SIXで特に買いたいものがあるわけでもないので
「どんなもんかなー」と物見遊山でいくのです。
田舎もんですから銀座でお買い物をする勇気はございませーん。

銀座で見て、
似たようなものを渋谷で買う、
みたいなことをすることになるでしょう。(笑)


DATE: CATEGORY:四方山話
ただいま帰宅いたしました。

無理無理、と言いつつ
22時半から焼肉へ。

義理息子はサッカー好きですが、
焼肉屋にサッカー好きの店員さんが2人いて話が弾み
24時の閉店までいました。

こんな時間に食べたら太るー

と言いつつ締めの冷麺を平らげ、
ほろ酔いのお財布ババアは
そのままビリヤードに連れて行かれたのでした。

2ゲームしたらもう25時を回ってしまいました。

23時から26時は肝臓のために寝ないとダメだと
整体師に言われたのに、これからお風呂に入ります。

実にハードな一日でした。

ゴールデンウィークですから、いっかー。(^^)

DATE: CATEGORY:家族・友人
サッカーの試合の後、

「これは何食?」
というような時間(16時すぎ)に
恵比寿のハワイアンのお店でがっつり食事をし、

「腹ごなしだ」と言って
下北沢のボクシングジムに誘われたが
若い衆だけを行かせ、

「まだお腹空かないから」
とこれからビリヤードに行こうと言うし、

「それが終わったら焼肉に行こう」
と誘われている。(←というかお財布だと思われている。)

無理無理、それは無理〜(><)




DATE: CATEGORY:四方山話
結局、義理息子は出場できず、
一緒に観戦したりしてのんびりとした一日でした。

試合は同点に終わりましたが、
サッカーって、
やたらと小競り合いが多く、
やたらと寝転がって痛みを訴える選手が多いのですね。

本当に痛いのかもしれませんが
少しするとすっくと立って歩いているので
反則をとるための演技が多いのかなーと。
(最初は心配していたけれど、途中から気にならなくなりました。笑。)

細いルールもわかりませんし、
今日は相手チームが外国の人も何人かいたので
応援も外国の人が激しい声を出していたので
婆は静かに見守っていました。

静かにスポーツ観戦するのなんて、珍しー。
引き分けでしたから義理息子の機嫌も悪くはなく(笑)
ゴールデンウィークの初日としては良い過ごし方だったと思います。

この次は義理息子のプレーを観たいものです。(^^)





DATE: CATEGORY:四方山話
どなた様も

日ごろの「うっ」とか「げっ」とか
「ぬぬ」とか思うことを全て忘れて

ゴールデンなウィークをお過ごしください。

仕事でそんな暇ないよという方も

いつもと違うランチにするとか、
お風呂に入浴剤入れてみるとか、
電気を消してキャンドルでお風呂に入るとか、
飲んだことのないドリンク飲んでみるとか、
着たことのない服を着て仕事をするとか、

何か特別なことをひとつするだけで
ゴールデンなウィークにできるかも、です。

気分転換に何か
何か、
何か変化を如何でしょ。









copyright © 2019 特許事務員ブログ    「出願の誉れ」 all rights reserved.Powered by FC2ブログ