FC2ブログ

プロフィール

特許婆(とっきょばぁ)

Author:特許婆(とっきょばぁ)
28歳から入った特許業界。フリーの特許事務員として2018/9/13開業しました。特許事務はいかに多くの種類の事案を経験したかが要なので、守りに入らず新たな事案に果敢に挑戦していきたいと思います!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:四方山話
はーるばるー来たぜ、あっかばねー♬

埼玉の事務所に通っている時は近く感じましたが、
飲み会のためだけに来ると
結構遠く感じます。(笑)

でも、やっぱり赤羽は楽しい。

久しぶりのモツ鍋屋で、
最後の最後に裏メニューをお願いしたら、
「ドロドロと、さらさら、どっちがイイっすか?」
と聞いてくれました。

ここは、鍋のあとのご飯や麺がないお店。

「残り汁にご飯を入れて」と頼むのは図々しいですが、
それだけ残り汁が美味しいってことです。
『おじや』か『雑炊』かを聞いてくれるのも嬉しい。

今日はおじや。

鍋は一旦厨房に下げられ、
どろどろのおじやに変身して再登場!
美味しい〜♡

美味しいものを食べると、
みんな笑顔になりますね。

また、来よーっと。





スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:四方山話
昼間、はっちゃけとメールをしながら歩いていたら、
段差に気付かずこけました。

「うひー
恥ずかしー」



こけたことが恥ずかしいのではありません。

こけた場所が恥ずかしいのです。

家なのです。
家の中でこけました。

ステップフロアの2段を踏み外して
リビングからダイニングに落ちました〜


「ながらスマホ」は慣れている場所でも危険だということ
と、
誰にも見られていなくても人は赤面することを確認しました。
(//∇//)
DATE: CATEGORY:四方山話
行ってみたいなぁ。
キューバ。

54年間アメリカとの国交を断絶していた国、キューバ。

あの位置で、
大国アメリカとの国交を断絶するのは難しいと思います。

今後トランプ大統領がどう動くのかは分かりませんが、
行ってみたい国のひとつです。



DATE: CATEGORY:家族・友人
昨夜、義理息子のお母さんから送られてきたリンゴ。
2箱のうち1箱ははっちゃけの家の分である。

リンゴ1箱は重い。
婆はもちろん持っていけない。

義理息子に会社帰りに取りに来てもらおうかとメールしてみた。
すると、

「勝手に入って玄関に置いといてくれればいいですよ!!」
(婆ははっちゃけの家の鍵を預かっている。)

簡単に言うでない。
婆は持って行けないって。
そうだ、ラクロスに頼もう。

婆 「お姉ちゃんの家に1箱持って行ってー」

ラクロス 「やだよ〜。」

義理息子にこの遣り取りをメールしてみた。
すると義理息子から、

「持ってくるか、食べきるか、
2つに1つとお伝えくださいませ。」
 と。

飽くまでも取りにくるつもりはないらしい。(笑)
こうなると、義理息子とラクロスの根比べである。

しかし、決着はすぐについた。

義理息子のメールをそのまま伝えると、
ラクロスは

「持ってく。(><)」

と即答。

義理でもなんでも、兄と弟なのであーる。


DATE: CATEGORY:四方山話
今日、K弁理士とお弁当を買いにエレベーターに乗ったら
我々しか乗っていないのに
目的階以外のボタンが2カ所も点灯していました。

するとK弁理士は、
その余計なボタンをダブルクリックして、
いとも簡単に消したではないですか。

へ。(@@)
え、消せるの?!
へーーーーーっ!!


そうなんです。
婆は知らなかったのです。

だから、時々間違えて別の階のボタンまで押してしまうと
小声で「すみません」と乗り合わせた人に謝っておりました。

消せるんですね〜

帰宅後、ネットで調べると、
各社のエレベーターの点灯キャンセル方法が載っていました。
知らなかったのは婆だけかもしれませんが、一応書いておきます。

松下、三菱、OTIS、東芝  →  ダブルクリック
三菱、東芝、日立  →  長押し
フジテック  →  5連打
※三菱、東芝はダブルクリックでも長押しでも。

ということは、66,7%くらいは「ダブルクリック」でキャンセルできるということですね。

生きている間に教えてもらってよかったですわ〜。
これ以外にも、皆さんにとって「当たり前のこと」で婆が知らないことが
たくさんたくさんあるのでしょうね〜


<おまけ>
エレベーターに乗るのが楽しみになりました♡←無駄に押して、キャンセルしようとしている。(笑)

DATE: CATEGORY:家族・友人
どこのどなたか存じませんが、

『社会人になってから毎月家に入れていたお金を、
結婚式のときに親から「これを使いなさい」と
御祝い金にプラスして戻してもらえた』

という、なんとも心あたたまるお話を、
ラクロスにしてくれたようです。

お陰でラクロスは、

「おれのタンス預金は、
どれくらいに増えたかなー♡」

などとニンマリしながら言うのです。

こんなことを聞いてしまうと、
同じようにしてあげなくてはならないような気になります。

最終的にはそうしてあげたいのですが、
世の中、トランプが大統領になったり、
中国で少女が脱水機にはまって抜けなくなったり、
ASKAが再逮捕されたり、
色々起こります。

そんなわけで(?)
昨日、銀行に行く時間がなかった婆は、
ラクロスのタンス預金から2万抜き取ったのでございました。

「ごめーん、いまお前さんのタンス預金は
元本割れしてるんだよ〜」

ラクロス
「ええええーっ!
マジでやめてよ〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾」

珍しく声を荒げるラクロスでありました。



DATE: CATEGORY:四方山話
ピーンポーン。

玄関を開けると、
りんごを2箱持って肩が抜けそうになっている
細身の宅配便のお兄さんが、

「きょうは
こんなにたくさんの
リンゴが来ましたよ〜」

と。

義理息子のお母さんが、
毎月のように大量の野菜や果物をお送り下さるのです。
いつもこのお兄さんが届けてくれます。

今回は、はっちゃけの家の分も、
我が家にお送り下さったため2箱に。

届ける度に感想は要らない気もしますが(笑)
このお兄さんは必ず何か言います。

「これ重いっすよ〜」
とか
「さっむいな〜、きょう!」
とか。

お兄さんは今日は二言言いました。

「どうします?
りんご、外に置いときます?」

いやいやいや、中でしょう。

寒いから傷むことはないでしょうけれど、
うちは入り口がひとつしかないから、
玄関前にりんご2箱置かれたら入れなくなります。

狭い玄関になんとか入れてもらうと、
お兄さんは肩をぐるぐる回して出て行きました。

いつもご苦労様。




DATE: CATEGORY:四方山話
近所のコンビニのレジにて。

開いているレジは1つ。

精算中の男性はどういうわけかタバコの番号指定に時間がかかり
いつの間にかレジには6人の列。

最前列に男性。
婆は列の前から2番目。

レジ横の銀色のドアの奥からは、
きゃっきゃ、きゃっきゃと3人の女性の笑い声と話し声。

婆は特に急いではいなかったけれど、
コンビニのレジとしてはあまりない状況だったので
その笑い声を聞いたときはさすがに

「暇なら出てくればいいのになー」

と思いました。
その心の声を読まれたかのように、

婆の後ろに並んでいた女性が、

「すみませーん!
いるなら出て来てもらえませんかー!」


とドアに向かって大きめの声で呼びかけました。

ものすごーくドキッとしました。
まるで見すかされたようで・・・。

すると銀色のドアがぱっと開き、
若い女の子の店員さん達がすたたたたーっと飛び出してきて

「お待たせして申し訳ありません。
 お次にお並びの方、こちらのレジにどーぞー。」

と。
そのタイミングでタバコの男性は精算が終了していて、
婆が「お次にお並びの方」に。

奥のレジに行くと、店員さんは申し訳なさそうに、
「お待たせしてたいへん申し訳ございません。」と。


いやいやいや、言ったのは婆じゃないからね・・・
あ、でも心の中で同じこと思っていたから同じか・・・
でも、婆じゃないんだけどね・・・

などとまた心の中で言いながら、
なんだか悪いことをしたかのような気持ちでコンビニを後にしました。





DATE: CATEGORY:四方山話
ええええーっ

「有田みかん」って

「アリみかん」だったのですね〜

ずっと「アリタ」と発音していました。f^_^;
DATE: CATEGORY:家族・友人
ラクロスは社会人になってから

「一人暮らししてみたいなぁ。」

と言います。

大学の頃も時々言っていましたが、
収入もないし、
運動部なので洗濯やご飯のこともあり、
夢のまた夢だったわけです。

それが少し現実味を帯びてきました。

社会人と言ってもまだ1年目ですから、
収入は少なく、
(出世するとは思えないので、一生収入は増えない可能性大ですが。)
当分は独立できそうにありません。

しかし、
やがては一人で暮らすことになるでしょう。

都内に家があるからといって、
結婚するまで一人暮らしの経験がないということが、
ラクロスにとっては「かっこ悪い」ようです。
「いつまでもこんなんじゃダメだー」と思うようです。

まー、そうでしょう。
まー、賛成です。
まー、寂しくはなりますが、
まー、やってみた方がよいでしょう。


そしたら、犬でも飼おうかな〜
と思う51歳の母でございます。






copyright © 2019 特許事務員ブログ    「出願の誉れ」 all rights reserved.Powered by FC2ブログ