FC2ブログ
特許事務員ブログ「出願の誉れ」
とある特許事務員の生態記録。時々、備忘録。時々、伝言板。
プロフィール

特許婆(とっきょばぁ)

Author:特許婆(とっきょばぁ)
28歳から入った特許業界。フリーの特許事務員として2018/9/13開業しました。特許事務はいかに多くの種類の事案を経験したかが要なので、守りに入らず新たな事案に果敢に挑戦していきたいと思います!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

避難勧告

満員の通勤電車で
至近距離に
むかし勤めていた特許事務所の所長発見。

声掛けようかなー

とも思いましたが、
とりあえず、
その頃の同僚にLINEすると、

ひとこと、

「はやく逃げて〜」

と。(笑)

声を殺して笑いましたよ。
肩が震えましたよ。

はい、素直に従いました。

逃げたところで、
誰かに迷惑かけるわけでもないですしね。

所長、どうかお許しを〜。

にしても
「はやく逃げて〜」って。www










スポンサーサイト



萌え袖

社会人生活32年。

毎日が腕まくり。

男性陣が萌え萌えする萌え袖とは無縁の
OLなのであります。

ガサツな婆は
書類をさばく時に袖が邪魔な訳です。
袖口が汚れてしまう気もします。

しかし、
男性陣が日々萌え萌えする様を見て
(あ、ちなみに男性陣は「萌え袖可愛いよね〜♡」と、いつも言っています。)
捲り上げていた袖をおろし、
やってみました54歳萌え袖。
(まずはやってみる派なので。)

ぬ。
うぬぬぬぬぬ。

しわくちゃな袖と
袖から出るしわくちゃな手。

そして何よりも
全体から醸し出される雰囲気が
単なるボケ老人
に見えるではあーりませんか。

やめいやめいっ。
似合うわけがなかろう。

年寄りの冷や水ならぬ
年寄りの萌え袖。

というわけで、
ぎゅっと二の腕までたくし上げ
さぁ、今日も働きます!




菊池桃子

え。

51歳?!

「離婚をした50過ぎの女性」というには
あまりにも可愛すぎます。

再婚おめでとうございます。

お相手は60歳初婚の方だそうですが、
それだけバリバリ仕事をしてきて、
色んな女性を見て来た方に決意させたのですから
やっぱり菊池桃子さんは魅力的なんですねぇ。

男性は自分よりも20歳年下の女性を希望したりするらしいですから
60歳と51歳というのは
なんとなーく女性に夢を与える結婚だと思いましたー。

お幸せにー



やる気十分

やる気十分!
勉強15分!

という歌があったっけ。

うまいこと言う。

人の集中力は実は15分しか持たないというから
あの歌は医学的見地からも賞賛されるべき歌だったに違いない、
(んなこたーない。)

気力はみなぎっているのに
お腹がギュルギュル鳴ってしまって
午前中は集中力に欠けていた。

ここで、
タルタルソース付きの
カキフライととりの唐揚げで
気力の底上げを。

と思ったら

お腹がいっぱいになって
今度は眠くなってくるという
お決まりのパターン。

やれやれ。

やる気十分
居眠り15分にならないように
気をつけないとー。(>_<)







引っ込み思案

「引っ込み思案」
という言葉があります。

その対局にあるのは
「出っ張り考え無し」
でしょうか。

とするとその中間にあるのは
「引っ込み考え無し」

「出っ張り思案」
でしょうか。

引っ込みもせず
出っ張りもせず
思案しすぎず
考え無しでもない。

それが完璧な人なのか
と考えてみましたが、
どうも違う気がします。

そんなひと、おもしろくないかも。(笑)

何かが欠けていて
でも
何か魅力的。

みんなそんな気がします。

だからみんなおもしろいのかも。
と、遅刻ぎりぎりの電車内にて。





冬の訪れ

下北沢の駅の階段に
手袋が片方落ちていた。

あぁ、冬だぁ。





寒くなりましたね。

日中、暖かいとはいえ、
朝晩は寒いです。

まさか半袖ではございませんよね?

と、暑がりで元気な皆さまに。(笑)

風邪をひいている方も多いです。
皆さまご体調にご留意を。

さ、降水確率0%の爽やかな朝です。
今日も1日頑張りましょー!


昭和なわたし

ハイネックをとっくりのセーター
パンツをズボン
デニムをGパン
レギンスをスパッツ
デイバッグをリュックサック
ミュールをつっかけ

と言ってしまいます。

さすがに
キャミソールをシュミーズ
とは言わないのですが。




今週のやらかし
今週というのか
先週というのか

とにかく昨日までの1週間は
やらかしが多かったです。


その1
「なんかついてるわよ」
と職場で言われてスカートの後ろを見たら
ひからびた米粒が2つお尻のあたりについていましたー。


その2
「スクランブルが入場制限だって!」と言われて、
「え?!交差点が入場制限?!」
と本気でびっくりしてしまいましたー。


その3
たまには、と思い、
爪を短く切って、クリアネイルをのせたら
本当の手(すごーくおばーさんぽい手)になりましたー。


人生は間違いだらけ。
いとおかしー。









川●高丸くん
前にもぼんやりと書いたかもしれませんが、
ほぼほぼ実名で書かせていただきます。


「カワ●●タカマル」と読みます。

20代の頃、
とんねるずの
ねるとん紅鯨団?!とかなんとかいう
男女マッチング番組で、
素人ながら強烈な個性を放ち、
印象に残ったひとです。

タカさんが名前の由来を聞くと
「じっちゃんがつけてくれました。
希望は高く、心は丸く!と。」
と答えるのでした。

希望は高く、
心は丸く。

素晴らしいじゃないですか。

とても印象に残っていた高丸くんでしたが、
なんと、結婚後に転職した会社にいたのでした。
ご本人に会えるなんて。(笑)

ねるとんのまんまであり、
希望は高く、心は丸い、楽しくて良い人でした。

名前通りに育ちましたよ、じっちゃん!