プロフィール

特許婆(とっきょばぁ)

Author:特許婆(とっきょばぁ)
期間限定のお手伝いを含め、特許事務所6軒でお世話になりました。
定年も特許事務所で迎えられるか?!
特許事務所で働くことに拘る52歳の現役特許事務員でございます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:四方山話
色んな飛び込み営業かくる。


お兄さん 「お弁当の社内販売いかがでしょうか」

婆 「ここ人数そんなに多くないけど?」

お兄さん 「大丈夫です。ひとつから配達します!」

そしてチラシをもらう。

うーむ
量が少なそう。

人数は少ないが、量は食べるのだ。

「人数は少ないけど、量は多い?」
と、聞くべきだったであろうか。

そんな訳の分からん質問をしたら
お兄さんが困るだけか。




スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:四方山話
見積書を作成していて
備考欄に「指定国 シンガポール…」と打ちたいのに
なぜか

死んだポール

と打っており、
打ち直してもまた

死んだポール

と打っていました。

ポ、ポールの身に何か?!
Σ(゚д゚lll)

DATE: CATEGORY:四方山話
そろそろご出勤でしょうか。

それとも今週いっぱいばばーんとお休みでしょうか。

事務所によってマチマチですよね。
婆は7月から9月の間で好きな時に3日とれます。

とくに旅行の予定もないので
1日ずつ消化することにしました。

まだ2日残っています。

9月の3連休あたりにくっつけて
国内旅行にいけると良いのですが。

旅行は計画を練るときが一番楽しいですから
婆の夏休みの楽しみはまだ続きます♡

DATE: CATEGORY:四方山話
MM2を作るため、WIPOのG&Sを開こうとするも
何度やっても繋がりません。


婆  「WIPO繋がんないよー。」

K弁理士  「うーん、お盆ですからねー。」

婆  「あぁ、お盆だもんねー。」


って、頭がお盆な会話。

DATE: CATEGORY:四方山話
「人間、衣食住が大事ですからね」

K弁理士が真剣に語る傍らで

胃食充

という変換をしてしまう婆の頭。

うーん、もうお腹すいてきました。

DATE: CATEGORY:美容・健康
点耳薬の効き目はすごい。

昨年の中耳炎でも同じ点耳薬だったが
今回も効き目抜群である。

朝起きたら耳の下の痛みは殆どなくなっていた。

最初は

「耳に液体入れるなんて〜(>_<)」

と思ったけれど、
慣れればなんてことはない。

おかげで快調。

DATE: CATEGORY:四方山話
友達から興奮した様子のLINEが。

「息子が友達になった人がAの彼氏で
ホテルの部屋について行ったら
すっぴんのAがハーイと出迎えてくれて
そのあとインスタをフォローされた!」

らしい。

今日も渋谷の街をAの顔がついている宣伝カーが
偶然婆の横を通り過ぎて行った。

相当な有名人である。

でもババアは詳細を知らないので
そのあとAを調べて
改めて

「ひえーすごいー」

と実感するのであった。







DATE: CATEGORY:四方山話
※お食事中の方はお読みにならないでください。

昨日、郵便局に向かって歩いていると
婆のすぐ左に何かがものすごい勢いで落ちてきました。

ものは小さいけれど
バシャッという大きな音を立てて。

わ、あぶなっ。

見るとそこには小鳥が仰向けに落ちていました。
死んでいるようでした。

誰かが投げ落とした?
そんな不安もありました。

恐る恐る頭上を見上げると
すぐ脇のビルは10階建てくらいで、全面ガラス張りでした。
窓がありませんので誰かがわざと落としたのではなさそうでした。

全面ガラス張り・・・

もしかすると小鳥は
うっかりガラスに激突して死んでしまったのかもしれません。

婆もよくガラスが見えなくて激突しますから
痛みはよく分かります。
思いっきり飛んできてぶつかったら
それはそれは痛いでしょう。

ぶつかった時点で死んでしまったのか
気絶して落下して死んでしまったのかは分かりません。

お行儀よく気を付けの姿勢で仰向けになった小鳥は
ビルの前で都会の空を見上げていました。
昨日の退社時間まではいたけれど
今朝はすっかり片付けられていました。

婆の鼓膜が無事だったのは
その分、あの小鳥が背負ってくれたのかな
と思いました。

鼓膜とは関係ないにしても
婆の横に落ちてきたのも何かの縁。

小鳥に天国があるなら、
そこでまた飛んでいることを祈ります。



DATE: CATEGORY:四方山話
婆の後ろに患者さんがいなかったせいか

ドクターはそのあと
綿棒よりティッシュで作ったこよりの方が傷には断然良いと言うことを延々と語ってくれた。

DATE: CATEGORY:四方山話
傷は昨日の夜にできたものであり、
鼓膜も破れていなくて、
聞こえも悪くなく、
念のために受診しただけですが、
右耳の下がかすかに痛むので

Bar. 「ここが気のせいか痛いんですが。」

と付け加えると、
ドクターはスッと右耳の下に触れ、

Dr. 「なぜ今『気のせい』と言いました?」

Bar. 「ほんのすこーしだけ痛むので・・・」

Dr. 「気のせいではありません。
リンパが腫れています!」



<おまけ>
「なぜ今『気のせい』と言いました?」のくだりは
どうしても必要だったのだろうか。


DATE: CATEGORY:四方山話
で、いよいよ診察。

Dr. 「おおっ、みごとに鼓膜が」


Bar. 「えっ?!破れてます??」


Dr.  「破れてないっ!」



DATE: CATEGORY:四方山話
「首から上の傷は気をつけた方がいいですよ。」
理系のK弁理士が言うとなんとなく怖い。

そんなわけで作りかけのMM2を放り出し、耳鼻科へ。

一年ほど前に中耳炎でお世話になった先生である。
登山が趣味で、院内でも派手なトレーニングシューズを履いている。


Dr. 「今日はどうしました?」

Bar. 「昨日耳掻きをしていましたらぶつかって血が出ました。」

Dr. 「あーよくあるんです。お子さんとかぶつかってきてね。」

Bar. 「あーいえ、自爆でして・・・。」

Dr. 「あれは防げませんよ、一瞬の出来事ですからね。」

Bar. 「・・・」


歩きながら耳掻きをして、よろけて壁にぶつかった
なんて言えませんでしたー。m(_ _)m


<おまけ>
「Bar.」は資格や役職の省略形ではありません。
強いて言うなら「Babar」の省略形です。
念のため。



DATE: CATEGORY:美容・健康
膝の痛みが続くので
炭水化物を減らすことに。
(原因は体重増加以外に考えられない。)

ランチで
「ご飯半分で。」と注文。

「少なめ」にするか迷ったが
断腸の思いで「半分」に。

心配そうなK弁理士。

食べ始めると、
あっという間にご飯が底をつく。

婆 「ご飯、もうなくなっちゃった…(>_<)」

そう言われてもねー。
K弁理士は食べにくかったでしょうなぁ。
すんませーん。



〈おまけ〉
心根の優しいK弁理士は
おやつに『糖質ゼロ』の高級チョコレートを
ひもじい婆のために買ってきてくれたのでしたー。





DATE: CATEGORY:四方山話
「耳掻きを使っている人のそばには寄ってはいけません。うっかりぶつかったりしたら危険だから。」

はっちゃけやラクロスにも
小さい頃から言って聞かせていました。

*****

先ほど耳が痒くなり、
洗面所に耳掻きがあるので
取りに行きまして

お行儀が悪いのですが
リビングに戻りながら(歩きながら)耳を掻いておりましたら

よろけて壁に右手がぶつかり (@@)
右手に持っていた耳掻きが耳に刺さり (><)
恐ろしく痛い目に遭いました。 (TOT)

思わず
ヒィーーーーーーッ
という声を上げてしまいました。

耳はちゃんと聞こえるので
鼓膜に異常はないようですが
綿棒を入れたら血が付いてきましたー。

*****

良い子のみなさん、
歩きながら耳掻きしてはいけません。

はっちゃけとラクロスにも
追加で言って聞かせます。

いててててて・・・





OL

DATE: CATEGORY:四方山話
先日、K弁理士から

「お昼リーダー」

の大役を仰せつかった。

「今日のお昼どこ行く?」と聞くだけの役職であーる。


DATE: CATEGORY:家族・友人
さきほど巫女姿の画像が送られてまいりました。

はっちゃけが親友と共に
出雲、島根あたりを周遊しております。

迎撃ミサイルはっちゃけも配備された模様。
口撃には自信あり。






DATE: CATEGORY:四方山話

通勤電車ガーラガラ。

DATE: CATEGORY:四方山話
山本耕史のアナザースカイを見終えると
すぐにニュースの画面に変わり

「今年最大級の寒波」

の見出しと共に
大雪を除雪する人の姿が映し出された。

婆 「え・・・カンパ?」

さすがに季節外れなのでおかしいなと思い
小声で呟いたがラクロスは聞き逃さない。

ちらっとこっちを見た。

息子の冷徹な目で気づいた。

録画だー。
また録画のニュースに反応してしまったー。(><)

DATE: CATEGORY:四方山話
本日、探し物がありまして
新宿の

京王デパート
小田急デパート
高島屋
伊勢丹

を回りました。
急いでいたので2時間で巡りました。

一番賑わっていたのは伊勢丹です。

伊勢丹は勢いが衰えませんねぇ。
品揃えが良いのでしょう。

目利きで人気の商品を取り揃える仕事の方
(バイヤーさんと言うのかしら)の腕の差なのかもしれません。

理由はわかりませんが
とにかく全部回ってみて
「伊勢丹が一番賑わっていた」
という事実だけをご報告させていただきます。

DATE: CATEGORY:家族・友人
テーブルにてんこ盛りのサラダを置いた。

ラクロス 「俺は馬かよ!」


我が家で何度となく繰り返される
「サラダが多すぎる」ということを意味する「馬かよ」発言。


「馬に失礼でしょ。」

と母は心の中で繰り返す。






copyright © 2017 特許事務員ブログ    「出願の誉れ」 all rights reserved.Powered by FC2ブログ